【初体験エロ体験談】卒業式の日、同級生と倉庫街で最初で最後の青姦をした(後編)

「…めくっていいよ」

M希ちゃんはコートの前を開けると、俺に言った。
女の子の方からスカートをめくれと言われた経験は、当然ない。
それでも、慣れない手つきで俺はM希ちゃんのスカートに手を掛けた。

>> 続きを読む

【初体験エロ体験談】卒業式の日、同級生と倉庫街で最初で最後の青姦をした(中編)

何年在学していても、この辺り一帯に漂う海からの潮の匂いには違和感があった。
ただ、それも貴重な思い出のひとつには違いない。
M希ちゃんと帰った道々で、日々嗅ぎ続けた香りだ。
潮の香りと、工場町から遠く聞こえてくる重々しい金属音は、彼女との帰り道には欠かせない要素だった。

>> 続きを読む

【初体験エロ体験談】卒業式の日、同級生と倉庫街で最初で最後の青姦をした(前編)

もう十年以上前のことだ。
卒業式を一週間後に控えた日、俺はある同級生の女の子に告白した。
その子とは部活でずっと三年間相方のような付き合いをしてきたから、満を持しての告白とはた目からは見えるだろう。
ただ、俺自身はその告白が成功するとはまったく思っていなかった。

>> 続きを読む

【こたつクンニ体験談】幼馴染のま●こを赤外線の中で舐めあげた思い出(後編)

あんなに舌を動かしたことは、多分人生初だ。
俺は舌の感覚がおかしくなるのもかまわず、べろべろと舌で割れ目の中をかき混ぜた。
かき混ぜると言っても、長さには限度がある。自分では長い方だと思っているけれど、それでも届くのは膣口周辺が限度だった。
それでもよかった。N子のま●こは舌に反応したのか、中の粘膜がグリグリと舌を押し付けてくる。
硬いような柔らかいような独特の感触だったけれど、体内の温かさがモロに伝わってくる。
そして、それを動かすたびに、N子の中からは粘液がさらに勢いを増して溢れてきた。
舌を伝い、それが口の中に流れ込んでくる。

>> 続きを読む

【こたつクンニ体験談】幼馴染のま●こを赤外線の中で舐めあげた思い出(中編)

「おい、本気か?」
「うん…励ましてくれたお礼。それに、あたしに興奮してくれたんでしょ?」
「ああ…まあ、そうだけど」
「じゃあいいよ…このままじゃこの下着買った意味ないし、喜んでもらえるだけマシ。…こんなの会社にだって履いていけないしね」
「そうか?」
「…こんなの、更衣室で見せられると思う?」
「…無理か?」
「…あたしは無理だな。何言われるかわかんないし…」
「そっか…」
「だからね…あたしは何も言わないから…見たかったら、勝手に見て。それはそれでいいから…」

>> 続きを読む

【こたつクンニ体験談】幼馴染のま●こを赤外線の中で舐めあげた思い出(前編)

俺の幼馴染に、N子という奴がいる。割とかわいいし、愛嬌のある奴だったから、俺は彼女が昔から好きだった。
とは言っても、あくまで友人としてだ。恋愛みたいな話は思いつきもしなかったし、実際に今まで、そういう話が出たことは一度もない。

もちろん俺だって男だから、ごくたまにN子が気を抜いてパンチラしてしまったときなんかはドキドキした。たまに見ていたのがバレて怒られることもあったけれど、仕方ないじゃないか。いくら友達だって、パンチラされたら興奮するなって方が無理だろう。
とはいえ、それ以上何があるわけでもなく、俺とN子はいい友人であり続けてきた。

だから、そんなN子のま●こを舐めることになるなんて、想像もしていなかった。一昨年の冬のことだ。

>> 続きを読む

【エロ体験談】二人目妊娠させてぇ!ひな祭り深夜の夫婦の種付けSEX

僕ら夫婦にとって、ひな祭りというのは、少し特別な意味を持った日だ。
もちろん、本来のひな祭り自体は、普通にするだけだ。娘の友達を呼ぶので少し規模は大きいけれど、変わった点と言えばそれくらい。
ただ、娘を寝かしつけたあと、風呂場でセックスするのが僕ら夫婦の毎年の恒例なのだ。

もっとも、風呂場といってもお湯が入って何かあっても嫌なので、浴槽の中ではしない。立ったまま挿れる。
体力的にはきついのだけれど、僕らにとっては一種の記念日のようなものだから、欠かすわけにもいかない。

>> 続きを読む

【エロ体験談】仲良し夫婦のバレンタインSEX 妻は家まで我慢できなかった(後編)

チカチカと点滅する、安っぽいこと極まりない電灯の光。
それに照らされた妻の、腰の下をむき出しにした後ろ姿は、卑猥そのものだった。

>> 続きを読む

【エロ体験談】仲良し夫婦のバレンタインSEX 妻は家まで我慢できなかった(中編)

予想に反して、ラブホテルはなかなか見つからなかった。

>> 続きを読む

【エロ体験談】仲良し夫婦のバレンタインSEX 妻は家まで我慢できなかった(前編)

3年前のバレンタインの話だ。その年、俺は妻に逆チョコを贈ることにした。
聞いたことがない人もいると思うが、文字通り、男から女にチョコを贈るというやつだ。
あまり一般的じゃないので渡し方が難しいのが欠点だけれど、決まればかなりぐっときてくれるらしいという話を聞きつけて、まあやってみようか、と思ったのだ。

>> 続きを読む

1 2 3 14

ページの先頭へ