【おもらし体験談】節分の夜に見た両親のHが怖くておしっこをもらしてしまった体験談

子供の頃、あたしは家族とのイベントごとが大好きでした。初詣だったりとか、縁日だったりとかの行事のことです。
年に何度か巡ってくるそういう機会を、あたしは楽しみにしていました。

節分もその一つだったんですけど、ちょっと怖い思い出があるんです。今となっては軽く流せますけど、当時は本当に怖かった。親のセックスを見てしまったんです。

>> 続きを読む

【エロ体験談】ラブラブすぎてみてられない…仲良しカップルの甘々膣内放尿 (後編)

2ヵ月前の夜のことです。
その日は金曜日の週末で、俺と彼女は部署の飲み会に付き合ってから彼女の部屋に向かいました。
考えてみれば、はじめて彼女におしっこを掛けた日と似たようなパターンでした。

>> 続きを読む

【エロ体験談】ラブラブすぎてみてられない…仲良しカップルの甘々膣内放尿 (前編)

彼女の性癖についての話です。

俺の彼女は、自慢じゃないですが俺にはもったいない女です。
会社の同僚なんですが、最初に見たときから高嶺の花というのがぴったりの子で、人気もありました。

>> 続きを読む

【野外飲尿体験談】同級生の立ちションを口いっぱいに頬張った思い出(後編)

「ねえ、それだけ勃起してて何もしないのって苦しいんじゃないの?」
「そりゃそうだけど」
「それなら、みながらしてもいいよ」
「…本気で?」
「なんか見てられないし。…それに、わたしも興味はあるし」

>> 続きを読む

【野外飲尿体験談】同級生の立ちションを口いっぱいに頬張った思い出(中編)

おしっこの音はほどなくポタポタと断続的になっていき、やがて止まった。

「…」

無言のまま、そして真っ赤な顔のまま奈美ちゃんは開いていた足を戻すと、そそくさとショーツを履きなおした。スカートがはらりと落ちてきて、さきほどまでおしっこが噴出していた股間を覆い隠す。

>> 続きを読む

【野外飲尿体験談】同級生の立ちションを口いっぱいに頬張った思い出(前編)

僕の人に言えない秘密のひとつに飲尿趣味がある。
もともとそういう性癖になる下地が自分にあったのかはわからない。ただ、この趣味に目覚めたきっかけだけはハッキリしている。
学生時代、同級生の女の子のおしっこを飲んだのだ。

>> 続きを読む

【両親の営み】あたしの親は異常者です…教育と称して強制的に見せつけられた、恥知らずな放尿SEX(後編)

そんなに広いとも言えない、しかも日当たりのよくない四畳半です。
常によどんだ空気の満ちたその部屋が、もともとあたしは好きではありませんでした。

「はむっ…はふうぅぅ…」
ぬちゃっ…ぬちゃっ…

そんな部屋に波紋のように広がっていく、小さな音。
母親の唾液が、父親の肉棒の表面で立てていたその音は、今でも忘れようにも忘れられません。
四畳半の薄暗さを思い出す時、決まってセットで思い出される記憶です。

>> 続きを読む

タグ:

カテゴリ:両親の営み目撃談 

【両親の営み】あたしの親は異常者です…教育と称して強制的に見せつけられた、恥知らずな放尿SEX(前編)

両親と事実上縁を切ったのは社会人になってすぐだったから、もうかなりの年月になります。
こういう言い方をすると、その頃何か大きな問題が起こったからだと思われるんですが、そういうわけじゃありません。
むしろ、子供のころから、両親とは問題ばかりでした。

>> 続きを読む

タグ:

カテゴリ:両親の営み目撃談 

【エロ体験談】膣内放尿だけはダメ…おもらし中毒のお嬢様、その初恋の顛末(後編)

彼とのおしっこまみれの毎日は続きました。
二人で放尿しながらのセックスも、外でのおもらしも、気が付くとわたしたちの日常の一環として暮らしに組み込まれていたんです。
連日、なにかしらのことはしているんですから、無理もありません。

>> 続きを読む

【エロ体験談】膣内放尿だけはダメ…おもらし中毒のお嬢様、その初恋の顛末(前編)

恥ずかしい話なんですけど、わたしは昔から、おねしょをする癖がありました。
もっというと、おもらししてしまうことがかなり頻繁にあったんです。

>> 続きを読む

ページの先頭へ