【エロ体験談】乱交サークル狂いのCAが教える、とっておき肉棒狩りスポット(後編)

「CAのおま●こ、か…」
「あれ、どうしたんですか?このお店、CAの子、多いんでしょう?」
「そうなんだけど、気持ちの問題だからね。CAのおま●こだと思うとね、何人見たってぐっとくるんだ」
「そういうものなんですか…?」
「ははは、まあ、そういうものだと思ってくれよ」

CAをやっている本人としてはピンとこない話だったけれど、男の人からしたらそういうものなのかもしれない。

>> 続きを読む

【エロ体験談】乱交サークル狂いのCAが教える、とっておき肉棒狩りスポット(中編)

数日間、あたしは迷いに迷った。
もし予想が正しいとしたら、いくらなんでもバカにしすぎだ。先輩に抗議しようかとも思ったくらい、憤慨した。

ただ、そう思いながらも、あたしは抗議はしなかった。憤慨する一方で、先輩の見立ては、あたしの内心を言い当てていたのは間違いなかったからだ。
本当にすごいと思う。接客業だから空気を読むのは得意だけれど、それでもちょっとした表情だけでそこまで内心を読みきれる人はそうそういない。
しかも、メモを渡したのは先輩にとってリスクでしかない。
それを冒してまで、善意でおぜん立てしてくれたのは確かだった。

>> 続きを読む

【エロ体験談】乱交サークル狂いのCAが教える、とっておき肉棒狩りスポット(前編)

そのクラブのことを最初に耳にしたのは、CAになってからすぐのことだったと思う。
耳打ちしてきたのは、同期の女の子だった。

「ねえねえ、知ってる?クラブの噂」
「…なに、それ?聞いたことないけど…」

>> 続きを読む

【JDのエロ体験談】卒業旅行で集団初体験 その日わたしの4年間は台無しになった(後編)

「んくぅ…」
「耐えられそう?」
「うん…」

中がジンジンします。みんなが、手に汗を握ってこちらを見ているのを感じました。
涙が、どうしても目に溜まってきます。でも、声はあげませんでした。
わたしが泣きわめいたりしたら、みんなが不安になる。そんなこと、絶対だめだ。

>> 続きを読む

【JDのエロ体験談】卒業旅行で集団初体験 その日わたしの4年間は台無しになった(中編)

チェックインするとき、フロントの男性は何事かという目をしていました。
人数だけは予約の時に話していますから、ある程度何をする気かの予想はついていたでしょうが、実際にわたしたちを目にしてみると、やはり感想はちがったんでしょう。

>> 続きを読む

【JDのエロ体験談】卒業旅行で集団初体験 その日わたしの4年間は台無しになった(前編)

大学のサークルみんなで卒業旅行に行こう。
そういう話になったのは、卒論の提出も押し迫った12月のことでした。
ただし、それは普通の卒業旅行ではなかったんです。

>> 続きを読む

【エロ体験談】童貞狩り異聞 淫乱女医が見た父子家庭の特殊な事情(後編)

すっかりセックスする態勢に入っていたわたしの身体を、寒気が走り抜けました。
たまたまセックスを見られる分には、それほど抵抗はありません。今回だって、相手のお父さんだということを気にしていただけで、見られることそのものに対する抵抗はそんなでもなかったんですから。
ですが、積極的に覗かれるとなると話は全然別です。
どう考えたって、おじいさんがたまたまではなく、はっきりと自分の意思でわたしたちを覗いているのは明らかでした。

>> 続きを読む

【エロ体験談】童貞狩り異聞 淫乱女医が見た父子家庭の特殊な事情(中編)

童貞好きな人にもいろいろやり方があると思うんですが、わたしの場合は誘ったその場でセックスしてしまうのが常でした。男性の方も我慢ができない人がほとんどでしたから、流れとしてはそれが自然なんです。
逆に言えば、誘ってから時間差が空くことには慣れていませんでした。誘う直前あたりから、身体が自然にセックスに向けて態勢を整えはじめるのがパターンになっていましたし。だからその日、病院に帰ってからも、わたしは今夜の彼とのセックスのことばかりを考えて過ごしました。

>> 続きを読む

【エロ体験談】童貞狩り異聞 淫乱女医が見た父子家庭の特殊な事情(前編)

昔からわたしは童貞が大好きです。
はじめてセックスしたのはかなり前になりますけど、ちゃんと恋人としてお付き合いしたのは実はこの時の相手だけ。
あとはみんな、童貞狙いの一回限りです。
なぜか、童貞を奪うと興味が失せちゃうんですよ。実際、その最初の恋人とも長続きはしませんでした。

>> 続きを読む

【エロ体験談】受験帰りの新幹線のトイレで見ず知らずの男の子とエッチした話(後編)

さすがに座席でするわけにはいかなかった。
実際にはち●ちんを取り出すところまではそのまましてみたんだけど、どう考えてもまずい。
シートの倒し方を工夫してみたり、影になるように体の置き場所を工夫してみたりもしてみたけれど、どうやっても車掌さんが入ってきたら一目でバレてしまう。

>> 続きを読む

1 2 3 12

ページの先頭へ