【初体験エロ体験談】卒業式の日、同級生と倉庫街で最初で最後の青姦をした(後編)

「…めくっていいよ」

M希ちゃんはコートの前を開けると、俺に言った。
女の子の方からスカートをめくれと言われた経験は、当然ない。
それでも、慣れない手つきで俺はM希ちゃんのスカートに手を掛けた。

>> 続きを読む

【初体験エロ体験談】卒業式の日、同級生と倉庫街で最初で最後の青姦をした(中編)

何年在学していても、この辺り一帯に漂う海からの潮の匂いには違和感があった。
ただ、それも貴重な思い出のひとつには違いない。
M希ちゃんと帰った道々で、日々嗅ぎ続けた香りだ。
潮の香りと、工場町から遠く聞こえてくる重々しい金属音は、彼女との帰り道には欠かせない要素だった。

>> 続きを読む

【初体験エロ体験談】卒業式の日、同級生と倉庫街で最初で最後の青姦をした(前編)

もう十年以上前のことだ。
卒業式を一週間後に控えた日、俺はある同級生の女の子に告白した。
その子とは部活でずっと三年間相方のような付き合いをしてきたから、満を持しての告白とはた目からは見えるだろう。
ただ、俺自身はその告白が成功するとはまったく思っていなかった。

>> 続きを読む

【JDのエロ体験談】卒業旅行で集団初体験 その日わたしの4年間は台無しになった(後編)

「んくぅ…」
「耐えられそう?」
「うん…」

中がジンジンします。みんなが、手に汗を握ってこちらを見ているのを感じました。
涙が、どうしても目に溜まってきます。でも、声はあげませんでした。
わたしが泣きわめいたりしたら、みんなが不安になる。そんなこと、絶対だめだ。

>> 続きを読む

【JDのエロ体験談】卒業旅行で集団初体験 その日わたしの4年間は台無しになった(中編)

チェックインするとき、フロントの男性は何事かという目をしていました。
人数だけは予約の時に話していますから、ある程度何をする気かの予想はついていたでしょうが、実際にわたしたちを目にしてみると、やはり感想はちがったんでしょう。

>> 続きを読む

【JDのエロ体験談】卒業旅行で集団初体験 その日わたしの4年間は台無しになった(前編)

大学のサークルみんなで卒業旅行に行こう。
そういう話になったのは、卒論の提出も押し迫った12月のことでした。
ただし、それは普通の卒業旅行ではなかったんです。

>> 続きを読む

【エロ体験談】猥談好き女教師の個人授業 成績不振の俺が先生との筆おろしに至るまで(後編)

「…なんでこんなことに気が付かなかったんだろう…そりゃできないよね。エロ女に教師なんて、最悪の取り合わせだもの…」
「…」

何か言おうと思うのだけれど、打ちひしがれたS藤先生の様子に、続けるべき言葉が浮かんでこなかった。

>> 続きを読む

【エロ体験談】猥談好き女教師の個人授業 成績不振の俺が先生との筆おろしに至るまで(中編)

「先生って、彼氏とかいないんですか?」
S藤先生に習い始めて、2ヵ月ほどたったころだっただろうか。
先生の話題が猥談に傾くきっかけになったのは、そんな俺の一言だった。
もちろん、深い意味があったわけじゃない。
勉強の合間の、ちょっとした冗談に過ぎなかった。

>> 続きを読む

【エロ体験談】猥談好き女教師の個人授業 成績不振の俺が先生との筆おろしに至るまで(前編)

昔通っていた学校にいた、ある女性教師の思い出話をしようと思う。
名前はS藤先生と言った。
ぶっちゃけていってしまうと、彼女は俺の筆おろしの相手だ。

>> 続きを読む

【スリップフェチ体験談】強風スリチラとバラック小屋SEX 寒村の海辺に佇む女医(後編)

足元で砂利の音がする。
踏み入った食堂の廃虚は、思った以上に無残な様相を呈していた。

>> 続きを読む

1 2 3 5

ページの先頭へ