【エロ体験談】乱交サークル狂いのCAが教える、とっておき肉棒狩りスポット(後編)

「CAのおま●こ、か…」
「あれ、どうしたんですか?このお店、CAの子、多いんでしょう?」
「そうなんだけど、気持ちの問題だからね。CAのおま●こだと思うとね、何人見たってぐっとくるんだ」
「そういうものなんですか…?」
「ははは、まあ、そういうものだと思ってくれよ」

CAをやっている本人としてはピンとこない話だったけれど、男の人からしたらそういうものなのかもしれない。

>> 続きを読む

【エロ体験談】乱交サークル狂いのCAが教える、とっておき肉棒狩りスポット(中編)

数日間、あたしは迷いに迷った。
もし予想が正しいとしたら、いくらなんでもバカにしすぎだ。先輩に抗議しようかとも思ったくらい、憤慨した。

ただ、そう思いながらも、あたしは抗議はしなかった。憤慨する一方で、先輩の見立ては、あたしの内心を言い当てていたのは間違いなかったからだ。
本当にすごいと思う。接客業だから空気を読むのは得意だけれど、それでもちょっとした表情だけでそこまで内心を読みきれる人はそうそういない。
しかも、メモを渡したのは先輩にとってリスクでしかない。
それを冒してまで、善意でおぜん立てしてくれたのは確かだった。

>> 続きを読む

【エロ体験談】乱交サークル狂いのCAが教える、とっておき肉棒狩りスポット(前編)

そのクラブのことを最初に耳にしたのは、CAになってからすぐのことだったと思う。
耳打ちしてきたのは、同期の女の子だった。

「ねえねえ、知ってる?クラブの噂」
「…なに、それ?聞いたことないけど…」

>> 続きを読む

【JDのエロ体験談】卒業旅行で集団初体験 その日わたしの4年間は台無しになった(後編)

「んくぅ…」
「耐えられそう?」
「うん…」

中がジンジンします。みんなが、手に汗を握ってこちらを見ているのを感じました。
涙が、どうしても目に溜まってきます。でも、声はあげませんでした。
わたしが泣きわめいたりしたら、みんなが不安になる。そんなこと、絶対だめだ。

>> 続きを読む

【JDのエロ体験談】卒業旅行で集団初体験 その日わたしの4年間は台無しになった(中編)

チェックインするとき、フロントの男性は何事かという目をしていました。
人数だけは予約の時に話していますから、ある程度何をする気かの予想はついていたでしょうが、実際にわたしたちを目にしてみると、やはり感想はちがったんでしょう。

>> 続きを読む

【JDのエロ体験談】卒業旅行で集団初体験 その日わたしの4年間は台無しになった(前編)

大学のサークルみんなで卒業旅行に行こう。
そういう話になったのは、卒論の提出も押し迫った12月のことでした。
ただし、それは普通の卒業旅行ではなかったんです。

>> 続きを読む

【エロ体験談】不良集団の壮絶射精 精液便所女子が真珠ち●ぽで失神した(後編)

苦痛ではあったけれど、それでも慣れてしまえば多少の余裕は出てくる。
日替わりでち●ちんを突っ込まれながら、あたしは不良たちのセックスを割と冷静に観察したりしながら、時間をやり過ごすようになった。

そうでもしないと、やっていられなかったというのもあるけれど。

不良たちのセックスは十人十色だったけれど、大多数は下手だった。でも、ごくたまに未経験のはずなのになぜか極端にうまいのもいた。一種の才能だったんだろうか。
普段はほとんど演技だったけれど、そういう時だけはあたしも積極的に声を上げ、ち●ちんを貪った。気分的には誰が相手だろうと不快なのだ。それならせめて肉体的な快感だけでも楽しまないとたまらなかった。

>> 続きを読む

【エロ体験談】不良集団の壮絶射精 精液便所女子が真珠ち●ぽで失神した(中編)

彼がそれまで以上にはっきりと変わってきたのは、付き合い始めてちょうど一年半がたった頃だった。それまでも十分すぎるほどグレていた彼だけれど、そのあたりから行動がますます無軌道になっていった。
凶暴さは事件になっていないのが不思議なほどのところまで行っていたし、なんだか怪しい薬が部屋に散乱するようにもなっていった。

>> 続きを読む

【エロ体験談】不良集団の壮絶射精 精液便所女子が真珠ち●ぽで失神した(前編)

今でも昔の自分を思い出すと、そのたびに頭が痛くなる。
どうして、あんなことをしていたんだろう。一旦そのことが頭に浮かんだが最後、あたしは夜が明けるまで一睡もできないまま繰り返し繰り返し自問自答する。もう十年近く経つというのに、いまだにそのクセは治る気配がない。ここまでくると、持病のようなものだ。

ただ、その自問自答の答えはどんなに考えたところでひとつしかないのだけれど。
バカだった。それだけだ。

>> 続きを読む

【女子大生のエッチ体験談】空気女のわたしがギャル主催の乱交パーティーに出席した顛末(後編)

約束の日がやってくるまで、わたしは落ち着かない毎日を過ごしました。

>> 続きを読む

ページの先頭へ